人の印象は見た目で決まる? 印象を良くする3つの方法

Processed with VSCO with m3 preset

本日は「人の印象は見た目で決まる? 印象を良くする3つの方法」をお送りします!
現代社会を生きる以上、人からの印象というのは良い方がいいですよね? 恋愛だけじゃなく、営業活動、友人関係においても人に好かれる、良く思われる、というのはコミュニケーションをうまくとる上で、とても重要なことだと思います。
なんだか最初の印象で少し壁が出来てしまうだとか、あんまりコミュニケーションをとるのが苦手だな、という人におすすめの記事です!




[by ad]

【印象を良くするのには見た目が重要!】

 

まずそもそも、印象を良くするのには見た目は重要なの? というところですが、今日のテーマは「人の印象は見た目で決まる? 印象を良くする3つの方法」としているわけですから、当然、『印象を良くするには見た目が重要』ということを僕は言いたいわけです。

それではなぜ、見た目が印象を良くするのに重要なのか。その理由をお話しします。
こういったところで良く出てくる法則といえば、『メラビアンの法則』でしょう。アルバート・メラビアンというアメリカの心理学者の方が調査して発表した法則で、簡単に言えば、言ってることとやってることは違ったらやってることの方で判断するってことですね。しかし、それでと『態度』が印象には重要ということになってしまう(もちろん態度も重要)ので、僕は別の法則についてお話ししようと思います。
皆さんは『ユニフォーム効果(ドレス効果)』というものを知っているでしょうか。
例えばですが、警察を見たら真面目で怖いイメージが頭によぎったり、お医者さんを見たら立派で優秀な人に見えたりしたことってありませんか? 別にその人を良く知っているわけでもないのに、そう思ってしまったりしますよね。
つまりそれは、服装、つまり警官服だったり、白衣だったり、そういった見た目の部分が人に印象を与えているということです。これが『ユニフォーム効果』というものです。
ということは、服装からある程度の印象を人に与えられると考えることってできますよね。そうなんです。見た目がイコールそのまま印象に繋がるということになるんです。
だから、見た目が印象を決める上では非常に重要な要素になるということですね。

【TPOをわきまえた格好をしよう!】

 

TPOとは、Time(時間)、Place(場所)、Occasion(場合)の3つの頭文字を合わせた言葉です。有名だから恐らくほとんどの人が知っていますよね。有名ということはそれだけ重要視されているということの裏返しでもあります。
もちろん知っているよ! という声も非常に多いことでしょう。でも、そんな人も基本に立ち返るような気持ちで気をつけて頂ければと思います。

TPOをわきまえた格好とは、その時、その場所にふさわしい格好をしましょう、という事で、ドレスコードのある場所にスーツで行くなどは当たり前ですし、友達の家に遊びに行くのにわざわざスーツに着替えていくというのもどんな上流階級だよ、という話しになってしまいますよね。そういったことをきちんとおさえておくということです。

例えば、目上の方と飲みに行く時はあまり派手すぎる格好をしない、だとか逆に年下の子と遊びに行く時は堅苦し過ぎる格好をしないだとか、相手にもよるでしょうが、色々考えなければいけないと思います。その時、場所でころころと状況が変わり、一概にこういった格好が正解だ! というのも無いので、基本であると同時に一番難しいところであると思います。

しかし、こういったところをしっかりと出来るようになればグッと印象は良くなるでしょうし、人によっては『きちんとそういったことを考えられる人なんだな』と感心してくれる人もいるはずです。
なので、TPOをわきまえた格好をするようにしましょう!

【目を見て話そう!】

目を見て話そう! と一口に言っても、ただジッと目を見続けろ、と言っているわけではありません。というか、目を見続けるだけというのはあまりオススメしません。見つめ続けると相手を萎縮させてしまうことがありますので、注意が必要です。
じゃあ、どうすればいいの? というところですが、一言で言ってしまえば、『表情をつけよう』といったところです。ただ単に話しを聞いたりするのではなく、話の内容に合わせて笑顔を作ったり逆に悲しそうな顔をしたり、ということです。

後は、目線を外す時は、『横ではなく縦に外す』ことを意識しましょう。横に外すと拒否しているように見えてしまいますが、縦なら自然に視線を外すことが出来ます。
会話のリズムを合わせて実行することが出来れば、相手もきちんとコミュニケーションを取れていると見て分かりますし、気持ちの良いコミュニケーションに繋がるのではないでしょうか!

【髪型を整えよう!】

髪型ですが、何も坊主にした方が良いだとか、七三できっちりわけましょう、と言うつもりはありません。
しかし、TPOをわきまえた格好、というところにも繋がってしまうとは思うのですが、時と場合によっては髪型だけで印象が決められてしまうということも多々あります。

例えば、ボサボサの髪でお仕事をしているとだらしなく見えてしまったりしますよね。
それと同じで、印象を良くするにはその場、その時に合った髪型をして、人にだらしない、だとか不潔、だとか思われないことが重要になってきます。

とは言っても、世の中には様々な髪型があります。その場や自分の格好、その時をわきまえて、相手に失礼の無い格好をするのが良いでしょう。

【まとめ】

いかがでしたでしょうか。意外と見た目や簡単にできることが多かったのではないでしょか。皆様のお力になれたのなら、嬉しいです。
本日は

人の印象は見た目で決まる? 印象を良くする3つの方法

をお送りしました。
ありがとうございました。




[by ad]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です