朝の口臭の原因と防ぐ方法3選

cri_img_6008_tp_v

 

 

本日は「朝の口臭の原因と防ぐ方法3選」をお送りいたします。
寝起きの口臭が気になるという方や恋人や友達が家に泊まりに
きた時などに気なっている人におすすめな記事です。





[by ad]

朝の口内は細菌だらけ?

 

寝起きの口臭がキツくなるのは、眠っている間に唾液の分泌が減ることが原因です。
起きている間、唾液が分泌されることによって口の中の細菌は流し出され、口内はキレイな状態に保たれています。
でも、眠っている間は唾液が減ってしまうので細菌が流し出されることがなく、どんどん増殖していってしまいます。
目が覚める頃には口の中は、増殖し放題の細菌だらけ。
さらに、歯の間に食べかすなどが挟まっていると細菌に分解されて発酵することによってよりいっそう口臭が強くなってしまうのです!

朝の口臭がキツくなる生活習慣

 

朝の口臭を強くしてしまう口内環境は、生活習慣によって作られていることがあります。
口臭がキツくなる生活習慣とは一体何なのでしょうか?

眠る前に歯磨きをしない
すでにお話したように、歯の間に食べかすなどが挟まっているとそれを細菌が分解してニオイの原因を作ってしまいます。
歯磨きをしないで眠ってしまうと食べかすをそのままにすることになってしまうため、口臭を強くする原因になってしまうのです!

口を開けて眠っている
眠っている時に口呼吸になってしまう人は意外と多いようです。
口呼吸になると口を開けて眠るため、口の中が乾燥しやすくなります。
ただでさえ唾液の少ない口の中が乾燥してしまうと細菌がよりいっそう増殖してしまうことに……。

ストレスの多い生活をしている
ストレスが溜まると唾液の分泌が減りやすくなります。
また、ストレスを感じている時の唾液はネバネバした状態になってしまうため、せっかく分泌されても口の中を潤す力が弱くなってしまうのです!

寝る前は徹底的に歯磨きを

 

眠る前に歯磨きをしないなんて言語道断! 徹底的に歯を磨きましょう。
細菌にえさを与えないよう、デンタルフロスなども使って歯と歯の間の食べかすも取り除くようにしてください。
さらに、歯だけでなく舌の汚れも一緒に取り除くようにしましょう。
舌専用のブラシを使って優しくブラッシングしたらマウスウォッシュなども活用して、口の中を清潔に保つようにしてくださいね。

ベットに入る前に水分補給

 

ベッドに向かう前にコップ1杯の水を飲んで乾燥を防ぎましょう!
寝起きの口臭の一番の原因は、口内の乾燥です。
特に冬などは気温が低いため、あまり喉が渇かないからと水分をとらずに眠ってしまう人が多いようです。
きちんと水分補給をすることで、細菌の増殖を抑えることができるのです。

眠る時はマスクをつける

 

十分な水分補給の後は、口の中から水分を蒸発させないように保湿を徹底します!
マスクをつけて眠ればうっかり口を開けて眠ってしまったとしても保湿状態をキープすることができるため、乾燥を防ぐことができるのです。
さらに、加湿器などを置いて部屋の湿度を一定に保っておけばより十分な効果を感じることができますよ!
喉の乾燥を防ぐこともできるので風邪予防にもなります。
一石二鳥ですね。
日頃の生活習慣をちょっぴり見直すだけで、寝起きの口臭を抑えることができるのです!
今日からさっそく実践して、さわやかな朝を迎えましょう!

まとめ

いかがでしたか?本日は

「朝の口臭の原因と防ぐ方法3選」

をお送りしました。
次回もよろしくお願いします。




[by ad]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です