紫外線から髪を守るための2つの方法

DI_IMG_5783_TP_V
本日は「紫外線から髪を守るための2つの方法」をお送りします。
お出かけするときに気になるのが紫外線の影響。
お肌は抜かりなく対策していても、髪はついつい忘れがちなのではないでしょうか?
お肌と同じように、髪にも早め早めの紫外線対策でツヤのある髪をキープしましょう。
紫外線対策を知りたい方や髪のケアについて知りたい方にもおすすめな記事です。





[by ad]

紫外線で受ける髪への影響

 

「髪が日焼けするなんて聞いたことない!」
「ちょっと茶色くなったりしてる気もするけど、大して問題ないでしょう?」
なんて思っている方は多いのではないでしょうか?
でも、それは大間違い! 髪の日焼けは髪に重大なダメージを与えてしまうのです。
髪を黒々と美しく見せているメラニン色素は、非常に紫外線の影響を受けやすいものです。
紫外線を浴びると、分解されて髪の色が変わってしまうことがあります。
さらに紫外線には髪を乾燥させる働きもあるので、パサパサに乾いてキューティクルがはがれ、枝毛や切れ毛の絶えないまとまりのない髪になってしまうのです。
また、紫外線は頭皮にも悪影響を及ぼします。
頭皮が日焼けをすると乾燥して硬くなってしまいます。
水分をキープすることが難しくなり、これから生えてくる髪にも影響が。
髪の紫外線ケアを行うことは美しい髪をキープするだけでなく、健康な髪を育てるためにも大切なことなのです!

紫外線対策ヘアケアテクニック

 

・出かける前にUVカット効果のあるヘアスプレーを使おう!
お出かけ前にお肌に日焼け止めを塗るように、髪にもUVカット効果のあるヘアスプレーなどを使うようにしましょう。
トリートメント効果のあるものなどを選ぶようにすれば、髪にツヤを与えることもできるので一石二鳥ですよ。
・バスタイムにはトリートメントケアを忘れずに!
スプレーで保護していても、外の日差しに晒されれば髪は多かれ少なかれ傷んでしまいます。
バスタイムにはダメージケア用のシャンプーやコンディショナーで洗い、トリートメントで十分にケアしてあげてください。
ブラッシングやブロー時にも洗い流さないトリートメントを使い、摩擦やドライヤーの熱から守ってあげましょう♪
・濡れた髪のブラッシングは優しく&頭皮のクールダウンを
シャンプー後の濡れた髪はとても繊細な状態です。
強くブラッシングせず、毛先から優しくブラッシングしながらブローしてくださいね。
さらに、日焼けによって頭皮が赤くなっている場合には水を入れたビニール袋を当てたり、シャンプーの前に水でクールダウンするようにしましょう。
帽子や日傘などの紫外線帽子グッズを活用するのも効果的です。
髪や頭皮が紫外線に当たる面積を小さくしてあげることが大切なので、ロングの方は髪をまとめるだけでも十分紫外線対策になりますよ。
髪と頭皮をきちんといたわって、紫外線に負けない美しい髪を手に入れてくださいね。

まとめ

本日は

「紫外線から髪を守るための2つの方法」

をお送りしました。
次回もよろしくお願いします。




[by ad]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です