まつげ美容液でマツエクを長持ちさせる2つのポイント

YUKA963_yubisasubiz15202332_TP_V

 

 

本日は「まつげ美容液でマツエクを長持ちさせる2つのポイント」をお送りいたします。
マツエクの手入れが分からない方やマツエクを長持ちさせたいという方におすすめな記事です。





[by ad]

まつげ美容液でマツエクが長持ちする?

 

キチンと言えば、、マツエクによる自まつ毛へのダメージを軽減してくれるので、結果的にマツエクが長持ちするようになります。

 

それでは、詳しく説明していきましょう。

まつげ美容液の効果

 

そもそもまつげ美容液はどういった効果があるのかというと栄養を与えてくれるので自まつ毛が元気になって長く伸びてハリ艶のあるまつげになります。

 

栄養成分を補うことで、なくなってしまったキューティクルの補修をして、保護をしてくれるのでそこから抜けにくい健康なまつげにしてくれます。

なんでまつ毛美容液を使うの?

 

マツエクは強力な接着剤を使用しています。自まつげに直接つけるのでやはり自まつげに大きな負担を与えているのは確かです。スッピンになっても長いまつ毛はそのままに目元の見栄えのためにつけているマツエクが自まつげを弱くしてしまいマツエクを付ける前より薄くなったり短くなってしまう人もいると思います。

 

だからこそ、すすめなのが美容液なのです。

まつげ美容液は、まつ毛を伸ばすための目的以外にも、乾燥を防ぐ保湿効果やまつ毛に栄養を与えたりダメージを保護してくれるのです。

 

つまり、マツエクによる自まつげのダメージを抑えてくれる効果が非常に期待されています。まつげ美容液を使うことによって、エクステをコーティングしてくれるので汚れやダメージから保護してくれるんです。

 

何もしていないと紫外線などからのダメージにより自まつ毛が傷んでしまいます。そうすると、切れ毛や抜けやすくなってしまうのでまつげが少なくなってしまいます。

 

髪の毛と同じできちんとトリートメントしてあげなければ、ダメージは放置して治せるものではありません。それと一緒でまつげもケアしないといけないんです。マツエクをしていない時でも美容液を使うことによって乾燥からも守ってくれるのでなくてはならないものなのです。

 

まつ毛美容液を塗るタイミングで最も効果的なのは皮膚の成長が活発な夜!夜といっても、洗顔後や寝る前がおすすめです。寝ている間にしっかり栄養がいきわたりまつげもしっかりと成長してくれるのです。化粧水などを塗る前にまず先にまつ毛美容液を塗るのが効果的です。

マツエクで気をつけたいこと!

 

 

マツエクは付けてからグル―(接着剤)が完全にくっつくまで1日ほどかかります。なのでマツエクが終わってすぐ濡らしてしまうと簡単に取れてしまいます。なので付けた後は5~6時間は必ず放置して下さい。出来ればメイクもしない方が良いです。お風呂は入らないでください。

 

それと寝る時のクセで「うつ伏せ寝」をする女性は要注意です。うつ伏せで寝ると、どうしても枕やシーツにまつげがあたり、折れてしまったり、擦れて取れやすい状態になってしまいます。

 

また、同じような状況になりやすいのがエステやマッサージ店で背面を施術する時の態勢です。まつげに強い負荷が加わらないように、お店の人に一声かけてクッションをもらうなど、注意した方がいいでしょう。

 

次にまつげエクステのグル―(接着剤)は油分にとても弱いのでオイルのクレンジングを使用してしまうとその日はとれませんが持ちは完全に悪くなり、ポロポロと抜けてきてしまいます。

 

オイルクレンジングは洗浄力の強いですし、早くメイクが落とせるので楽ですがマツエクをしている人はオイルクレイジングの使用は控えた方がいいでしょう。

 

マツエクがついている人はメイク落としの泡タイプやこすらずに落とせるメイク落としや、オイルフリーのクレンジングを使うと良いでしょう。最近はマツエクでも使えるクレイジング剤なども増えてきて種類も豊富です。

 

どうしてもオイルクレイジングを使いたいという方はオイル対応のグルー(接着剤)もありますのでそちらをお勧めいたします。

まとめ

 

いかがでしたか?本日は

「まつげ美容液でマツエクを長持ちさせる2つのポイント」

をお送りしました。
次回もよろしくお願いします。




[by ad]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です