この時期美容には欠かせない加湿器の気をつけたい3つのポイント!

DI_IMG_5788_TP_V

 

本日は「この時期美容には欠かせない加湿器の気をつけたい3つのポイント!」をお送りいたします。今の時期に欠かせない加湿器ですが、正しく使いこなせていますか?そんな加湿器の気をつけたいポイントと加湿器を持ってない人でも湿度を保てる方法をご紹介します。






[by ad]

就寝中の寝室は湿度は約60%が適切

 

 

寝室の湿度は高くても低くても睡眠の質は悪くなってしまうそうです。

 

一般的に良いと言われている寝室の湿度は40〜60%です。これ以上低いと乾燥し過ぎで肌トラブルや風邪の原因にもなり、これ以上高いとカビやダニの繁殖につながり衛生上良くないということが考えられます。

 

木造一戸建てよりもコンクリートマンションのほうが乾燥しやすいとも言われているので、自分の家に合った対策をとって適切な室温を維持しましょう。

加湿器はいつつけたら良い?

 

 

加湿器をつけるタイミングですが、暖房が切れると当たり前ですが室内の温度は下がってしまいます。そうなると今度は湿度が上がっていくので暖房が切れると同じくらいに加湿器も止まるように設定すると良いでしょう。

 

暖房が切れてからも加湿器をつけておくと湿度がドンドン上がってしまい結果カビやダニを繁殖させてしまうので気を付けましょう。

加湿器を置いてはいけない場所とは?

 

 

加湿器を置いてはダメなところは、壁、窓の近く暖房の風が直接当たるところなどは避けたほうが良いでしょう。その理由は、壁や窓の近くに加湿器を置いてしまうと結露しやすいのでカビの原因になってしまいます。

 

また和室でも障子の近くに置いてしまうと障子が真っ黒になってしまうので避けたほうが良いです。さらに、暖房の風が直接当たってしまうと加湿器が室内の温度が高いと認識してしまい湿度を上げようとするので設定した湿度よりも高くなってしまいます。これもカビ、ダニの繁殖に繋がるので気を付けましょう。

加湿器以外で湿度を保つ方法

 

 

毎日40〜60の湿度をキープすることが大事なので加湿器を持っておくととても便利です。しかし、加湿器を持っていなくても今夜からできる湿度対策です。

 

コップにお湯を貼り、ベッドサイドに置く。
このときお気に入りのリラックスアロマ精油を数滴たらすと蒸気と共に香りも楽しめて快眠効果が上がります。

 

濡らしたタオルや洗濯物を寝室に干す。
出張や旅行で宿泊先に加湿器がないときときなどに効果的な方法です。

 

ベンジャミンなどの観葉植物を置く。
植物の力を借りるのでエコですし、インテリアにもなり一石二鳥です。

まとめ

 

いかがでしたか?本日は

「この時期美容には欠かせない加湿器の気をつけたい3つのポイント!」

をお送りしました。
次回もよろしくお願いします。




[by ad]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です