甘酒で美容とダイエット効果!2つのポイント

ASE_017_TP_V

本日は「甘酒で美容とダイエット効果!2つのポイント」をお送りいたします。

美容と健康・ダイエットをいつも気にしている人や甘酒が好きな人におすすめな記事です。





[by ad]

そもそも甘酒は疲労回復に飲む栄養ドリンクだった?

 

 

江戸時代には、夏に冷やしたものまたは熱いものを暑気払いに飲む習慣がありました。

甘酒は栄養豊富で体力回復に効果的な、夏の栄養ドリンクとして夏場には多くの甘酒売りがいたそうです。さらに甘酒は、飲む点滴と呼ばれることもあるほど、栄養が豊富に含まれているのです。

 

 

甘酒の製法には、米麹を発酵させて作る方法と酒かすを溶かし砂糖を加えた方法の2種類があります。

手間隙がかからない酒かすで作られている甘酒の方が流通が多いようですが、酒かすから作られた甘酒には、甘みを増すために大量の砂糖を加えているので、ダイエットには向かないでしょう。

 

 

酒かすから作られた甘酒は、アルコールも含まれていますので、アルコールがダメな方は注意してください。

 

 

一方、米麹で作られた甘酒は米と麹を発酵させて作り、発酵の段階で自然の甘さが出ますので、砂糖は不使用でもちろんノンアルコールです。

栄養素が豊富なのは、酒かすから作られた甘酒ではなく、米麹から作られた発酵食品の甘酒です。

甘酒による美容効果

美肌

 

 

ビタミンB2を中心とするビタミンB郡は、肌の調子を整えることが期待されている栄養素です!

また甘酒に含まれる必須アミノ酸が肌の乾燥を防いでくれたり、米麹に含まれるコウジは美白成分として化粧品に含まれています!

日焼けによるシミ・ソバカスを防ぐこと

 

 

必須アミノ酸は、エネルギーとして使われるものですが、体内で生成できないため、食べ物などで摂る必要があります。

だからこそ甘酒は、飲む点滴の他に 飲む美容液と呼ばれることもあると言われています。

栄養補給

 

 

飲む点滴と呼ばれる甘酒には、私たちの体に必要なブドウ糖・ビタミンB郡・必須アミノ酸・酵素などの栄養素が含まれています。

手軽に栄養が補えるので、食欲がない時や、時間がなくて食事が取れない時の栄養補給も効率よく行えます。

疲労に良い

 

 

ブドウ糖・ビタミンB郡は、疲れをたまりにくくするとされています。

食欲がなく、疲労感を感じる夏バテ解消などにもおすすめです。

さらにオリゴ糖・食物繊維が腸の働きをよくし、免疫をサポートしてくれることも期待できます。

便秘に良い

 

 

甘酒の豊富なオリゴ糖・食物繊維が、体内環境を整えて便通をよくすると言われています。

便通がスムーズになることで、便秘や肌荒れ対策なども期待できます。

アルコールが含まれない米麹の甘酒は、妊婦さんの便秘対策にもおすすめです。

ダイエットサポート

 

 

甘酒に含まれるブドウ糖によって、満腹感を得ることができます。

食前や間食に取り入れることで、食べ過ぎの防止が期待できます。

ただし甘酒のカロリーは、けっして低いわけではないので、あまり飲みすぎないようにしましょう。

酒かすから作られた甘酒には、甘みを増すために大量の砂糖を加えているので、

ダイエットには向かないでしょう。

栄養素が豊富なのは、酒かすから作られた甘酒ではなく、米麹から作られた発酵食品の甘酒です。

まとめ

いかがでしたか?本日は

「甘酒で美容とダイエット効果!2つのポイント」

をお送りしました。

次回もよろしくお願いします。




[by ad]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です