粗食で健康な身体作りの方法4選

SAWA_saikyouteisyoku_TP_V
本日は「粗食で健康な身体作りの方法4選」をお送りします。
健康に気をつけている人やこれからチャレンジしたいと思っている人達におすすめな記事です。





[by ad]

粗食とは?

辞書で調べてみると粗末な食事、またそれを食べることと載っていますが、ここでいう粗食はそうした質素な食事のことではありません。

肉を摂らずに穀類と野菜を主にした食生活のことを言います。
お坊さん達が食べられている精進料理の様なイメージでしょうか。一言で精進料理と言っても宗派や地域によって差が有るようですが、一部のお坊さんたちはご飯、お味噌汁とごくわずかなお野菜で健康に長生きされているそうです。

粗食のメリット

粗食にすると体内の消化器官が栄養を吸収しようとして一生懸命働き出します。栄養不足だと体が弱るように思うかもしれませんが、それはちがいます。栄養を摂りすぎると逆に体は、弱くなるものなのです。

粗食はダイエットに効果てきな食事方法といえ、忙しい方にも手軽に簡単にダイエットを始める方法なのでおすすめです。食事でダイエットを行う場合、レシピを考えるのは大変という方も多いかと思いますが、粗食ならレシピも簡単なので無理なく行えるダイエット方法です。

粗食を楽しむ

単純に一汁一菜と言ってもそのスタイルは色々ありますが、昔ながらの日本の朝ごはんをイメージされるとわかりやすいと思います。お坊さんの様に修行するわけではないので、時には卵焼きをプラスしたりと無理のない範囲で粗食を楽しみましょう。

一番大切なことは、食事を丁寧に楽しむと言う事です!
旬のお野菜の天ぷらを添えてお野菜本来の甘味を存分の味わうやご飯をおにぎりにしてみるなどもいいかもしれません。

納豆を加えると栄養価もUPします。旬のお野菜を一緒に混ぜても大丈夫です。
炊き込みご飯やおこわなど、ご飯のアレンジも楽しみましょう。
ご飯を焼きおにぎりなどにすると、また違った雰囲気で一汁一菜を楽しめます。香ばしい香りと、カリカリした食感が癖になります。

腹八分目に抑えよう

お腹いっぱい食べることは、体内に入った食べ物を消化するために内臓に過度の負担をかけてしまうので禁物です。よく言われるように腹八分がちょうど良いのです。

腹八分目に止めることで満腹感を得やすくなりますし、満腹状態だと内臓の消化活動に使われてばかりだった血液が、腹八分目で筋肉にの血液が行き渡ることになり基礎代謝が上がります。

代謝が上がると痩せ易くなったり良いことばかりです。胃もたれを起こすような満腹になるまで食べることはやめましょう。

まとめ

いかがでしたか?本日は

「粗食で健康な身体作りの方法4選」

をお送りしました。
次回もよろしくお願いします。




[by ad]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする