バレタインはチョコだけじゃない? 男性に喜ばれるプレゼント3選

valentinePAKU2820_TP_V
本日は『バレタインはチョコだけじゃない? 男性に喜ばれるプレゼント3選』をお送りします。
きたる2月14日。戦闘態勢の方も多いのではないでしょうか。
ということで、今回はバレンタインにプレゼントをしたい方におすすめの記事です。






[by ad]

【バレンタインデーに渡すのはチョコじゃなくてもいい?】

 

はい。そうなんです。
意外かもしれませんが、バレンタインデーに渡すのはチョコじゃなくてもいいのです!

 

というのも、しっかりとした理由があります。
バレンタインデーについて少し解説をしましょう。

【バレンタインデーってそもそもなに?】

 

最初に諸説有り、ということを明記させて頂きます。
しかし、主流といえる説があるようなのでそちらをお話しします。

 

バレンタインデーの歴史は、ローマ帝国の時代までさかのぼります。

 

当時のローマ皇帝は、愛する人を故郷に残した兵士がいると士気が下がるという理由で、兵士たちの婚姻を禁止したそうです。

 

しかし、キリスト教の司祭だったウァレンティヌス(バレンタイン)さんは、婚姻を禁止されて嘆き悲しむ兵士たちを憐れみ、彼らのために内緒で結婚式を行っていたのだとか。
その噂が皇帝の耳に入ってしまい、怒った皇帝はウァレンティヌスさんに二度とするなと言ったようですが、ウァレンティヌスさんは皇帝の命令に聞かずにずっと兵士達の為に結婚式を行ったそうです。結果、最終的にヴァレンティヌスさんは処刑されてしまいました。

 

その処刑された日が2月14日。皮肉にも、ユノという結婚の神様の祭日です。
そうした自らの身を捧げて恋人達の為に尽くすヴァレンティヌスさんの行動を尊んだ人たちが、その行いを無駄にしないよう、2月14日を恋人達のために祝う日にしたのです。

 

それは全世界の共感を呼び、今では日本でも立派なイベントの一つになりました。これがバレンタインデーの始まりという説です。

 

つまり、バレンタインデーとは恋人達のロマンスを祝う日なので、もともとモノはどうでもいいのです。

大事なのは心です。

【男性の喜ぶバレンタインプレゼント】

 

ここでは男性の喜ぶバレンタインのプレゼントをご紹介していきます。

【ネクタイ】

 

主に社会人という形になってしまいますが、ネクタイは実用的であり、かつ値段も基本的に手ごろです。
値段、というと少しいやらしく聞こえてしまうかもしれませんが、意外とこれは重要だったりします。

なぜなら、バレンタインの後にはホワイトデーというものが来るからです。

いわゆる世間一般で言われる三倍返し。それは難しくとも同じくらいのモノは返したいというのが通常の心理ですよね。

私は気にしないよー、という方だとしても男性の方が気にしてしまう場合は多々あります。むしろ、貴方が大切であればあるほど余計に男性は気にするでしょう。

なので、あまり気を遣わせない値段帯というのがオススメのポイントです。

【手作りの小物】

 

マフラーや手袋など、真冬という季節的に見てもオススメの品ですね。

やはり、自分の為に頑張って作ってくれたというものは何よりも嬉しいですし、気持ちを伝えるという意味では一番なのではないでしょうか。

とにかく、本命の人に気持ちをぶつけたいという人はチャレンジしてみて欲しいです。

【手紙】

 

これほど思いが伝わるものはないでしょう。
なにせ、思いをそのまま文章にするのですから。

まだ意中の人と良い仲でなかったら愛の告白を、もう良い仲であるならもっと仲良くなるために日頃の感謝と熱い思いを。

2月14日は冒頭でも触れた通り、恋人たちのロマンスを祝う日です。
聖ヴァレンティヌスさんの尊い行動を信じ、ロマンスに身を任せるのも貴方の自由です。

貴方に素晴らしいバレンタインデーが訪れることを願っています。

【まとめ】

 

いかがでしたでしょうか。
本日は

『バレタインはチョコだけじゃない? 男性に喜ばれるプレゼント3選』

をお送りしました。
次回もよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です