ハーブで健康な身体づくり2つのポイント

ELL54_ha-bunoyoseue_TP_V

本日は「ハーブで健康な身体づくり2つのポイント」をお送りいたします。
ハーブに興味がある方や健康に気をつかっている人におすすめな記事です。





[by ad]

ハーブとは?

 

 

ハーブは心身をリラックスさせてくれます。
風呂に薬草やハーブを入れ、健康を維持しようとすることは、古今東西にありました。日本では、ショウブやヨモギ、ユズやミカンの皮などを風呂に入れる習慣があり、西洋では、ラベンダー、ローズマリー、バラなどを風呂に入れています。

 

 

風呂は、体を清潔に保つということだけでなく、体や心をリラックスさせる効果があり、香りのあるハーブは、精神を休める作用があります。ハーブ風呂の効能は、ハーブの成分が血行をよくし、肌につやを与え、全身をリラックスさせてくれるので疲労回復には欠かせません。

ハーブの効果と各種使い分けを紹介!

安眠には心を落ち着けるティーや半身浴

 

 

小さなもの音でも目が覚めてしまったり、気持ちが高ぶって眠れない夜には、心を穏やかにして安眠を誘うハーブを。ラベンダーやカモミールが最適です。

 

ハーブ  効果・効能
ラベンダー  ピローやポプリにして寝室に置くと、心を静かにしてくれる効果があります。
カモミール寝る前にハーブティーにして飲むと、やさしい香りと味が心を落ち着かせてくれ、安眠効果抜群です。

風邪には炎症や咳を抑えるハーブが優しく作用します。

 

風邪の引き始めには、鎮静効果のあるハーブをティーにしたり、お風呂に入れたりするとよいでしょう。ドイツでは、特にカモミールティーが有名です。

 

ハーブ  効果・効能

カモミール  風邪の引きはじめに。

 

エキナセア  弱った免疫力を強化し、病気に対する抵抗力を高め、直接ウイルスを攻撃する抗ウイルス作用もあります。

 

ユーカリ   抗ウイルス作用や解熱・消炎作用に優れているとされ、風邪の予防や鼻水、咳、痰にも効果があると言われている。

 

タイム
アニスヒソップ
ヒソップ        殺菌力があり、のどの痛みやせきを鎮めるのに効果的。
コモンマロウ
マシュマロウ

生理痛にはこちらのハーブ!

 

ハーブの中には、ホルモンのバランスを整えたり、気分を高めたり痛みを抑えたりといった効用を持つものがあります。

 

ハーブ  効果・効能
マジョラム  血液の流れを促す作用があります。
ラベンダー  気分を落ち着けたり、痛みを和らげる効果があります。
カモミール  日ごろからティーにして飲むと効果があります。

便秘には簡単で効果も十分になハーブティーで解決!

 

 

食生活の偏りや運動不足、ストレスなど、便秘の原因はさまざま。
根本的な解消には、適度な運動や規則正しい食生活が必要です。食物繊維を多く含む食事を心がけましょう。

 

ハーブ      効果・効能
ペパーミント   血行を良くする働きがあります。腸内ガスを排出する働きがあり、腸を整える効果があります。
ローズマリー   胃腸の働きを高めます。
ローズ      便通を良くするのに効果的。血液を浄化してホルモンのバランスを整えます。

まとめ

 

 

いかがでしたか?本日は

「ハーブで健康な身体づくり2つのポイント」

をお送りいたしました。
次回もよろしくお願いします。





[by ad]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です