ヤクルトで肌荒れ解消?4つのポイント

CRI_IMG_6009_TP_V
本日は「ヤクルトで肌荒れ解消?4つのポイント」をお送りいたします。
肌荒れや健康を気にしている方におすすめ記事です。






[by ad]

ヤクルトを飲むメリット

 

 

肌が荒れている原因腸内環境が関係しているかもしれません。腸内の環境が良くなると便秘の解消(老廃物を上手に排泄し、必要な栄養素を取り込む)
便秘を解消すると、体に必要な栄養を上手に取り込むことができるのでビタミンの吸収率が上がり肌荒れを改善してくれると言われています。

 

 

またダイエットの大きな助けにもなるようです。
食べ物は腸内で腐敗し毒素を生成します。この毒素が排出されないと、血液を介して毒素が体中に巡ることになるのです。皮膚まで毒素が到着してしまえば、肌トラブルの原因にもなります。
肌荒れに悩まされている人は、ターンオーバーが正常に働かなくなり、古い角質が残ってしまう事が原因とも言われています。

 

ヤクルトで腸内環境が整い新陳代謝があがるとお肌のサイクルも整います。
また、新陳代謝の向上は脂肪の燃焼を助けてくれる働きもあります。
春や、秋などに花粉症で悩まされる人もおおいかもしれません。
せっかくキレイにメイクをしても、お肌の調子を整えてもマスクで隠すのはもったい。
花粉症などのアレルギーや、風邪などの予防にもヤクルトは役立ちます。
腸内環境を整え免疫力を向上させていつでもクシャミしらずで居られるようになるかもしれません。

ヤクルトの摂取量は?

 

 

折角ヤクルトを飲むなら、一番効果がある時に飲むのがいいですよね。ヤクルトは1日に何本も飲めばいいというものではなく、糖質なども含まれているので、1日1本食後に飲むのをお勧めします。
ヤクルトと言えば、乳酸菌シロタ株です。

 

 

シロタ株は悪玉菌を減らし、善玉菌を増やす効果と、腸内環境を整える効果、便秘・下痢を改善する効果があります。ヤクルトにはこのシロタ株が200億~400億入っています。

 

しかし全てのシロタ株が腸まで生きて届くわけではなく、ある程度のシロタ株は死んでしまいます。特に空腹時にヤクルトを飲んでも、胃酸が濃いため腸まで届くシロタ株はわずかでしょう。そのため、食事をとった後に飲むことで、胃酸により死滅する数を減らすことが出来ます。

ヤクルトが有名になったのは?

 

 

ヤクルトがどうしてここまで有名になったのかと言えば、その健康パワーの素晴らしさからではないでしょうか。
本来なら乳酸菌は胃酸で死んでしまいます。しかし、それでは腸内の善玉菌を大きく増やすことはできません。

 

そこで、乳酸菌を胃酸で死なせない工夫が必要でした。
そこで研究されたのが、ヤクルトの乳酸菌であるヤクルト菌(ラクトバチルスカゼイシロタ株)です。胃酸に負けず、腸まで届くことで、腸内環境を整える善玉菌を増やします。
善玉菌が増えれば腸の働きが良くなり、免疫力の向上が期待できます。ニキビなどの肌荒れも、肌の免疫力が上がることで改善され、刺激に対して強い肌作りができます。

 

また、ヤクルトを飲み続けたことで大腸がんの再発リスクが大きく低下したという調査結果もあり、大病を患った時に飲むという人が実際に多くいる商品です。

まとめ

本日は

「ヤクルトで肌荒れ解消?4つのポイント」

をお送りいたしました。
次回もよろしくお願いします。





[by ad]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です