【2017年母の日】日程は? 何を送れば? 抑えておきたい3つのポイント


本日は『【2017年】日程は? 何を送れば? 抑えておきたい母の日の3つのポイント』をお送りします。
今年の母の日の日程や、基本的なことをお伝えしていきます。
今年の母の日について知りたい方におすすめの記事です。





[by ad]

【母の日が今年もやってきます!】

日頃、お世話になっている母に感謝するための一年に一度の日。
普段は照れくさくてあまり感謝を表せない人もこの日だけは素直になって感謝を行動で示してみるのも良いですよね。

本日はそんな素敵な決心をされた方に向けて抑えておきたいポイントをお伝えしていきます。

【2017年度の母の日は5月14日!】

2017年度の母の日は5月14日(日)です。

基本的なことですが、ここを知らなくてはイベントとして祝うこともできません。
しっかり抑えておきましょう。

【母の日は何をすればいい?】

一般的なことは、日頃の感謝をこめてプレゼントを贈ることです。
どんなものを送ればよいかについては過去に記事をアップしているので、そちらでチェックしていただければと思います。

2017年度母の日はこれで決まり!ギフト5選

スタンダート、基本を抑えるとするのなら、カーネーションを贈るのが良いのではないでしょうか。
次項で理由を説明します。

【なぜ母の日はカーネーションを贈るの?】

時はもっとも古い母の日まで遡ります。
母の日はアメリカで生まれたもので、その起源はとある女性の献身から生まれたものでした。

アンナ・ジャービスというアメリカの女性が、母親のために開いた追悼式が始まりです。
母が勤めていた教会で行われたその追悼式では、参列者に母の好きな花を配り、その後も、母の好きな花を教会にたくさん配っていたそうです。母の死を悼んで。

その行いが全米で感動を呼び、ついに『母の日』と呼ばれるほどに大きくなったのです。
そして、その『母の日』の火付け役のアンナの母が好きだった花こそが、カーネーションだったのです。

なので、母の日にはカーネーションを贈るというのが一般的になったのだとか。
素敵な話しですね。

皆様も、何を贈るか悩んだときには、カーネーションを贈ってみると良いかもしれませんね。

【まとめ】

いかがでしたか?
本日は

【2017年】日程は? 何を送れば? 抑えておきたい母の日の3つのポイント

をお送りしました。
次回もよろしくお願いします。





[by ad]

“【2017年母の日】日程は? 何を送れば? 抑えておきたい3つのポイント” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です