2017年4月21日にディズニーアニメ美女と野獣がエマ・ワトソン主演で実写映画化!

ディズニーアニメが好きな方やエマ・ワトソンが好きな方にオススメな記事です。





[by ad]

ディズニーアニメ『美女と野獣』

 

 

 

ディズニーアニメ『美女と野獣』がエマ・ワトソン主演で実写映画化! 1991年アカデミー作品賞にもノミネートされた名作がエマ・ワトソンによってどのような実写映画『美女と野獣』として蘇るのか大注目! そんな『美女と野獣』の公開日からキャスト、あらすじまで魅力を徹底解剖して紹介します!

 

1991年公開のディズニーアニメーションのクラシック『美女と野獣』をディズニーが3Dで実写化、これまでにベル役にエマ・ワトソン、野獣役ダン・スティーブンスなど主要キャストが少しづつ発表されていましたが、ついに全貌が明らかになりました。アニメ版のキャラクターと実写版キャストを比べてみるのも一つの楽しみになるかもしれません。

あらすじ

 

 

 

1991年アニメーションで公開された『美女と野獣』は今回実写映画で登場します。主演は『ハリーポッター』シリーズで不動の地位を築いたエマ・ワトソンが主人公ベルを演じています。

 

美しい少女ベル(エマ・ワトソン)は父親で発明家のモーリスと暮らしていましたが、ある時発明大会に出かけたまま行方不明となります。

 

 

行方不明になったモーリス、実は帰り道に野獣の住む城へ迷い込み牢屋に閉じ込められます。この野獣の住む城はその昔若くわがままな王子が魔女の怒りをかい、野獣の姿に変えられた魔法の城だったのです。

 

父親を捜し森の中を進むベル、しかし父親を助ける代わりにベルは城に残ることになり、野獣と家具になった召使と共に暮らすようになります。冷たい心の野獣でしたが、ふとしたことから優しい心を持っていることに気づいたベルは、少しずつ愛情を感じる様になるのでした。

 

そんな時、ベルに恋する街の暴れ者ガストンは野獣が恐ろしい魔物であると街の住人を先導し城を襲ってしまって…!?。

まとめ

いかがでしたか?本日は

「2017年4月21日にディズニーアニメ美女と野獣がエマ・ワトソン主演で実写映画化!」

をお送りいたしました。

次回もよろしくお願いします。




[by ad]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です